物事への興味や意欲を回復させたり心因性の痛みを止めたりするのに役立つサインバルタ

サインバルタは、イーライリリー社が2010年に販売を始めた、比較的新しめな薬です。

SNRI系の抗うつ剤に分類されます。

SNRIとは、ノルアドレナリン・セロトニン再阻害薬という意味です。

薬の成分がノルアドレナリンとセロトニンのトランスポーターに結合することで、これら2つの神経伝達物質の再取り込みが阻害されます。

このことによって、脳内シナプスの間にある小さなすき間に、神経伝達物質がたっぷりと満ちた状態が保たれ、神経伝達がスムーズに行われるようになるのです。

もう少し詳しく言うと、ノルアドレナリンの濃度が高まると、色々なことに対する興味や意欲がアップする上に注意力や集中力もアップするので、楽しみながら効率的に物事を行えるようになります。

そして、セロトニンの濃度が高まると、神経の異常な高ぶりを防ぎ、不安感を解消してリラックスできるようになるのです。

うつ病の治療によく使用されるSSRI系の抗うつ剤の場合はセロトニン濃度のみを高められるのに対して、SNRI系抗うつ剤はノルアドレナリン濃度も高められるというのが魅力的なポイントとなっています。

しかも、サインバルタはSNRI系の他の薬と比べても再取り込み防止力が強いのです。

ですから、物事への興味や意欲を失ってしまう症状が強く出ているうつ病患者の治療に、この薬が重宝されています。

うつ病以外にも活用されるサインバルタ

また、この薬は抗うつ剤としてだけではなく、痛み止めとしても活用されています。

ノルアドレナリンとセロトニンは共に、下行性疼痛という痛みを抑えるのに効果を発揮する物質であるためです。

特に、糖尿病性神経障害によって引き起こされる痛みや、心因性の痛みを感じにくくさせるのに優れた効果を発揮します。

ちなみに、サインバルタは、副作用が起きにくい薬だと言われています。

2つの神経伝達物質関連以外の受容体には作用しないので、不眠が悪化するなどの作用が起こってしまう可能性が低いのです。

ただ、服用を始めたばかりの時期には、胃に違和感を感じたり吐き気を催したりといった消化器関連の副作用が起きる場合もあります。

また、効果が強い薬である分、急にやめると脳内の神経伝達物質のバランスが急激に崩れて調子が悪くなってしまうこともあるのです。

ですから、消化器が弱い方が服用を開始する際や、ずっと服用を続けてきた方がそろそろ服用をやめたいと思った際などには、医師に相談をするようにすると安心でしょう。

飲み合わせの悪い薬もあるので、何か常用している薬がある場合にも、医師に確認をとることが大切です。

ストレスでうつ状態になりやすい現代人

現代人は様々なストレスを感じています。

たとえば社会人であれば、これまで順調に仕事ができていたのに、何かのきっかけでそれができなくなることがあります。

そのきっかけが会社の人間関係であったり、人事異動でこれまでとは違う仕事が与えられ、適応障害を起こし仕事ができないどころか、会社へ行くことさえもできなくなってしまうのです。

鬱病のような症状に悩まされ、朝、起きようとしても体が鉛のように重く感じて、ふとんの中から起き上がることができなくなってしまったり、ストレスの内容が頭を駆け巡り夜眠られなくなる不眠症のようになったりします。

いずれにせよこれまでのような生活が送ることができなくなり、うつ状態がひどくなると1日中寝たきりとなり、外にでる意欲さえも起こらなくなり、食事やお風呂に入るのもおっくうとなります。

単なるストレスだと思っていたことが、生活がストップすることで、考えたり、笑ったりする人間的な思考をする脳の働きもストップしてしまい、こうなってくると自分の力だけではどうすることもできません。

そこで心療内科のようなクリニックや、精神科病院に診察へ行き、しばらく休職して自分の生活を調えるように指導されます。

しかしなかなかそういうことを自分だけでやるのは重篤な症状になると、難しく入院治療を提案されるかもしれません。

うつを和らげる薬サインバルタ

自宅で治療するにしても薬物治療を取り入れることが一般的で、最近では様々な抗うつ剤の薬が処方されています。

しかし従来の薬は効き目がなかなかでにくくかったり、副作用がひどくてとても長期間のむにはつらい症状が続いていたのも事実です。

そこで最近注目されているのがサインバルタです。サインバルタは抗うつ薬の1つで、2010年4月に日本で発売されたSNRIに分類される薬です。

少しの量をのむだけて、うつを和らげる効果があるとされており1日20㎎からはじめ、症状によって60㎎まで増やすことができます。

少しの量で1日の半分ぐらいはその効果が期待されるため、うつ病の薬物治療の薬でよく使われる薬です。

最近開発された薬なので、ジェネリック薬は発売されておらず、薬の価格としてはわりと高めに設定されています。

またサインバルタはうつ病だけではなく、糖尿病で様々な神経障害によって痛みが出た場合、その痛みを和らげる効果を期待して薬がだされることがあります。

薬なので効果が期待される分、頭痛、悪心、傾眠などの副作用もあるため医師のもとで薬をのむことが大切です。

最近、心の病気やうつ病になる人が増えています

最近、孤独死、下流老人など社会状況が不安定となっており、会社においてもブラック企業など少し軌道を踏み外してしまうとなかなか生きづらくなり様々なストレスから、心の病気になってしまう人が増えてきています。

たとえば社会人であれば、非正規雇用社員が増えてきており、そういう人はなかなか社会保険に入ることもできないし、給料が正社員よりも安いことも多く、満足のいく暮らしを送ることができない人が多いのが実情です。

非正規雇用社員であれば、会社に人との人間関係が希薄となり、収入がないために結婚、家族を作れない人も多くなってきます。

人間は1人だけで生きようと思っても、たてとヨコのつながりがある程度ないと健全に生きていくことができないため、生きづらい立場に追い込まれると、うつ病のような症状を発生し、時には自殺につながることになります。

その手前で適切な医療機関を受診し、自分の心に余裕をもち、たとえば生活保護を受給する中で仕事を見つけ、病気が治っていくと同時に、社会復帰できる人も中にはいます。

そういう手助けをするのが心療内科のようなクリニック、精神科病院の役割になってきます。

サインバルタはSNRI系に分類される新しい抗うつ薬

精神科病院で症状がよくなるまで、3か月をめどに入院し、自分の症状がよくなるためにはどのような薬物療法をしたらいいのか、入院中に自分にあった薬を処方してもらうことは大切なことです。

もちろん薬なので症状が和らぐ効果がある分、人によっては副作用もあります。

抗うつ薬を中心にうつ病の治療はされますが、これまでの古い薬はなかなか効果がでにくかったり、副作用が強すぎてのみ続けると生活自体に弊害がおこることもありました。

そこで2010年4月に開発されたのが、サインバルタです。サインバルタはSNRI系に分類される抗うつ薬で、今ではうつ病の治療ではよく使われる新薬です。

これまでの物よりも副作用が少なく、少量のんだだけで、効果が早くでることで注目されています。

1日に20㎎からのみはじめ、60㎎まで薬の量を増やすことができます。

薬の効果は15時間ぐらい続き、セロトニンと、ノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。

もちろん薬なので悪心、頭痛、傾眠、吐き気、下痢などの副作用があるため、医師の管理のもとに服用することが大切です。

うつ病に使われる薬なので、いくら理論上はいいものであっても自分に合わないものもあるので、おかしいことがあれば医師に相談して薬を変えたほうがいいこともあります。