うつ症状や痛みを改善させる薬サインバルタ

サインバルタは、SNRI(Serotonin&Noradrenalin-Reuptake-Inhibitors)というセロトニンとノルアドレナリンの2つの神経伝達物質の取り込みを阻害して、うつ症状や痛みを改善させる薬です。

海外では2004年、日本では2010年から使われています。

脳内のセロトニンとノルアドレナリンの量を増やすことで、神経伝達がスムーズになって、うつの症状を改善させます。

そのほか、筋線維症、糖尿病性抹消神経障害、慢性腰痛、などの体の痛みを改善させる働きもあります。

なので、心療内科、精神科だけではなく、内科や整形外科でも処方薬として用いられています。

サインバルタの有効性とモノアミン仮説

サインバルタの有効性を語るとき、モノアミン仮説という仮説を用いることがあります。

うつ病では、脳内の神経伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンが不足しています。この2つとドパミンを含めてまとめて、モノアミンと呼びます。

モノアミンが減少するとやる気が出ない、落ち込む、などの症状が出ます。この考え方がモノアミン仮説です。

情報伝達は神経細胞の末端のシナプス間で行われます。情報伝達する前が前シナプス、受け取る側が後シナプスです。

前シナプスからモノアミンが放出されて、後シナプスにある受容体に結合すると情報伝達が完了します。

モノアミンは情報伝達が終わると、前シナプスになるモノアミントランスポーターから再取り込みされていきます。

サインバルタは、この再取り込みを阻害することでセロトニンとノルアドレナリンの量を増やして、情報伝達をしやすくして、うつ病の症状を緩和させます。

選択的に作用するので、セロトニンとノルアドレナリン以外への作用がほとんどなく、副作用が少ないのがメリットです。

サインバルタ服用時の注意点

サインバルタの服用の際の注意点としては、自己判断で飲むのをやめてしまわないことです。

薬の効果が出てくるまでには時間がかかりますし、人によっては吐き気などの副作用があらわれることもあります。

しかし、医師に相談せずに自己判断でやめてしまうと、吐き気、下痢、頭痛、不眠、不安、などの離脱症状が強く出てしまう恐れがあります。

薬を中止する場合には、薬の数を徐々に減らしていく必要があります。

急にやめてしまうと厄介なことになるので、気をつけましょう。

サインバルタは単独で用いることもありますし、ほかの抗うつ剤と併用することもあります。

自己判断で服用を中止したり開始するのはやめて、必ず医師に判断してもらうようにしましょう。