心療内科等で処方されるSNRI系の抗うつ薬サインバルタ

サインバルタは、日本では2010年から発売された比較的新しい薬です。

SNRI(Serotonin&Noradrenalin-Reuptake-Inhibitors)という、セロトニンだけではなくノルアドレナリンに対しての効果がある抗うつ剤です。

精神症状、痛み、に対して効果が期待でき、心療内科、精神科、内科、整形外科、などで処方されています。

サインバルタは、やる気を高める作用があります。副作用のリスクが低いのがメリットですが、やや価格が高いのがデメリットとなります。

抗うつ剤には昔から使われてきた三輪環系抗うつ剤もありますが、SNRIはそれよりも副作用が少ないという特徴があります。

セロトニンだけではなくノルアドレナリンも高めることから、しっかり効くケースが多いです。

ノルアドレナリンが増えることで、意欲が高まる、やる気が出る、痛みが緩和される、などの効果が生じます。

これは何かに熱中している時には痛みが感じにくくなることと同じ原理です。

熱中している時にはノルアドレナリンが大量に分泌されているので、痛みを感じにくくなります。

しっかり効く上に、セロトニンとノルアドレナリン以外の作用は抑えられているので、副作用のリスクが低いです。

抗うつ剤サインバルタの効果と作用する仕組み

比較的新しい薬ということで、やや高いですし、ジェネリック薬が登場するのも2017年ごろだと予測されています。

サインバルタは、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害することで、効果を発揮します。

「セロトニンは不安や落ち込み」「ノルアドレナリンは意欲や気力」ドーパミンは興味や楽しみに関係しています。

サインバルタは脳内のセロトニンとノルアドレナリンという2種類の神経伝達物質の取り込みを阻害することで、量を増やして抗うつ効果を発揮します。

本来であれば不要と判断されたセロトニンやノルアドレナリンは回収されてしまいますが、それを阻害することで効果的に脳内の神経伝達物質の量を増やします。

同じくうつ病の治療薬として使われるものにSSRI(Selective-Serotonin-Reuptake-Inhibitors)がありますが、こちらはセロトニンの取り込みだけを阻害するので、ノルアドレナリンの量は増えません。

なので、不安や落ち込みだけではなく、意欲や気力が落ち込んでいるという場合には、SSRIよりもサインバルタのようなSNRI系の薬のほうが効果が期待できる可能性が高いです。