うつ病は誰にでも起こりうる身近な症状です

今や4人に1人はこころの病気になるといわれるぐらい、たとえばうつ病とよばれる症状はよくあるものです。

うつ病はまだ症状が軽いうちに何らかの治療をしておかないと、取り返しのつかない重篤な状態があるので注意が必要です。

たとえば会社に勤める会社員であれば、ストレスを感じながらも生活のために仕事をすつ人が大半です。

しかし人間関係、体のゆとりを失うほどの残業などをしていると、知らず知らずのうちに脳に問題がおき、自律神経失調症やうつ状態に悩まされることになります。

うつ病の人は特に朝調子が悪いことが多く、朝になると体が鉛のように重たくでふとんから出ることできません。たとえ会社に行って仕事ができても、こころや脳の状態が不調なので、なかなか意欲ややる気がでないし、考えがまとまりづらくなったり、ちょっとしたミスを犯すかもしれません。

また笑ったり、話したり自分の感情をうまく表現できにくくなったり、もっと症状が悪化すると会社に出社することができなくなります。

1日中寝たきりになったり、自分の身の回りの世話や食事もまともに取ることができず、最悪、自殺につながる恐れもあります。

そういう時は恥ずかしがらず、心療内科のようなクリニック、精神科病院を受診し、治療をしておかないと大変なことになります。

うつ病の症状を和らげる治療薬サインバルタ

こころの病気は脳の働きとも関連しているため、自分だけで治そうと思っても辛いものがあります。

きちんと医療機関にかかり適切な薬物療法を行えば、症状を和らげる効果が期待されます。

抗うつ薬として最近よく処方される1つが、サインバルタです。サインバルタは2010年4月に開発されたSNRI系の薬で、抗うつ薬の治療に使われます。

セロトニンとノルアドレナリンの再取り組みを阻害する効果が期待され、1度のむと15時間ぐらい効果が続きます。

1日に20㎎という少量をのむだけで、早めに効果があらわれ、症状にあわせて60㎎まで増加させることができます。

しかしいくらいい薬といっても、副作用があります。悪心、頭痛、吐き気、下痢、長くのんでいれば体重増加などが感じられるときもあります。

なので自分で勝手に薬の量を増やしたり、減らしたりするのは危険なことです。医師の管理の下、副作用をうまくコントロールしながら、薬を調節する必要があります。

薬物療法、時にはカウンセリングなどを取り入れたり、ソーシャルワーカーに相談しながら社会にうまくとけこめるよう連携しながら焦らずに治療することが大切です。